Top > 消費者金融系や信販系のキャッシングと銀行系との違い

消費者金融系や信販系のキャッシングと銀行系との違い

手軽な手続きでお金を借りることのできるサービスとしてキャッシングがありますが、このサービスに関しては消費者金融系・信販系そして銀行系といった具合にサービスを提供している業種によって分類されています。また、消費者金融系と信販系のキャッシングについては貸金業者がこのサービスを提供しているため、銀行系のキャッシングとは一線を画しています。
ただし、貸金業者のものと銀行系のものについては、そのサービスの内容に特別な違いがあるわけではありません。個人向けの消費者にお金を融資しているという点では共通しています。
しかしながら、貸し金業者の提供しているものと銀行系の業者が提供しているものの間には大きな相違点があります。それは総量規制という利用者の借入可能な金額の上限を定めたルールです。
貸金業者が提供をしているキャッシングでは、利用者の年収の3分の1までという金額が利用限度額となっています。それに対して銀行系のものでは総量規制による制限を受けないため、年収による利用限度額というものは設けられてはいないのです。
在籍確認の内容についての専門サイト!在籍確認内容ZN58|カードローンの電話内容を紹介しますをクリック

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
口コミサイトには...。(2016年12月 7日)
(2016年9月 3日)
エピレ脱毛|近頃は...。(2016年5月12日)
キャッシングを利用する(2016年2月25日)
あの人誰だったかしら(2015年1月28日)